カテゴリ:
みなさんあけましておめでとうございます。ないおです。
さっそくですがやっと昨日の夕方に福岡に戻り、今日から忙しくさせてもらっております。
正月とは一体・・・・。

ってことで編集長がオールナイトの感想文を掲載しておりました。
僕は本当に編集長の文章好きなんですよ。文章面白いんでぜひ。


まぁ今回の反省点として企画の趣旨がまったく伝わってなかったというのが一番大きかったのかと考えております。こっからは裏側の説明なんで言い訳みたいなもんになります。なんやこれと思ってた方はほぼ不快になるかとは思うので閲覧注意していただければ。

そもそもの企画としてオールナイト営業はどうせベタピンだから打ち死ぬの覚悟で、逆にヒキだけでどれくらいの挙動をするんだろうか、38時間打ったらどんなデータになるんだろうって素直な疑問を解決しようというものでした。
ですので自腹(といってもうちに入るギャラの中で処理)ではないですし、38時間打ち通すって思えば十分燃えカスかと思ってます。僕らも普段しゃべらない部分をカットして上手いことやってるから生配信だとどれだけダレるのか、面白くないのかなんて承知の上でした。
そして設定不問のGOD揃いを確率以上引けるのか引けないのかという企画にしようと。
その中での放送席にいながら2人の実践を実況していくという構図が一番しっくりくるなっと。

問題点としては2つ。
生配信をするには有線接続が必須だったということです。
うちいくでは最近まで無線マイクすらなかった状況から生配信かつカメラ複数ってなるとやったことない壁を2枚ほどぶち破るレベルの高い構成をしないといけないんですよ。
そして連日の関東連戦でまともに機材テストもすることなく配置など入念に考えまして。
企画として当日発表しましたが本来では事前に告知すると台が確保できない可能性があるっていうのと設定に期待しちゃう方も多いのかと思い告知は控えました。今回企画の内容はお店も把握しておりません。(僕の知ってる限りでは)
ただそれ以上に凱旋・ハーデスと沖ドキ以外ケーブルが届かないんですよ・・・(泣)
事前に島図もらった時からこれはもうGOD引くしかねーって企画になりまして。
そこから閉店した後のお店で配線などをしテストなど入念にやらせていただきました。
深夜2-3時くらいだったんですが何度も「お、お客さんもう100人超えてますけど並ばなくって大丈夫ですか?」って連絡が入り、「あぁもう無理だ。100人超えてるんだったらどうせ無理だしみんなが絶望を感じて凱旋があくまで待ってよう」と判断しました。
その結果、沖ドキからの凱旋になってしまいました。本当は一台打ち切りで総ゲーム数とGOD回数を出したかったんですがね・・・。トラブルこそネタだと思ってますんでいいかなとプラス思考にて捉えました。

もうひとつの問題点は編集長という存在です。
元々この企画の話の前からガーデン所沢をきっかけに編集長とは仲良くさせてもらってます。
主に焼き鳥(思い返すとほぼ)食べに行って秋葉原の昔行ってたキャバクラがまさか同じ店だったり一緒に朝までベロンベロンになれる仲になってました。
僕は編集長と飲んだりしてるんでどんな人間かってのはなんとなくわかるのですが見てる側からいうと、隣にないお座らせろよってなると思うんですよね。
なので絶対叩かれるのを前提に編集長の魅力をどう伝えていくかって所でした。そういう意味で暴露などいろいろやっていただきましたが行き過ぎた点がありすぎたなと反省しております。
結果としてやりきれば関係なかったなーという僕の思い過ごしだったんですがきっちりパチ7の宣伝になれたらーと思ってます。


思い返せば言い訳したい事たくさんあるんですが、結果として70万再生、常時6000人以上見ていただけてるという環境でよくやり通せたと思っております。
リアルに店舗まで足を運んでくれる方もたくさんいましてサイン掛けなかったりまとめての集合写真になったりすべて満足いける対応ではなかったかと思います。1時間に20分以上休憩画面が出てる状態になり配信見ている人もはようてとなるのもわかります。
ネットとリアルを成立させるのは生では非常に難しかったです・・・。
ただやはりやったことないことをやるってのは達成感はすごくあり、終わったあとみんなで軽く飲んだんですがまた違う形(38時間は絶対やりたくない)でやりたいねと2枚ほど壁をぶち破った感じでよかったです。

ただこれだけは言わせてください。スタッフ5名博多から連れて来て投資で23万使ってます・・・。
無事に配信終わらせた結果、僕の財布も燃えカスになりました。
とりあえずは今度編集長に焼き鳥奢ってもらいながら反省会したいです。

今回の配信についてはダイジェスト版で動画にはする予定です。予定です。(ねっ、パチ7さん!) 

ざっくりですが放送席から以上でした。